1. HOME
  2. 事業案内
  3. 新築・リフォーム(修理)
  4. ガス工事
  5. プロパンガスを開栓する方法

新築・リフォーム(修理)

Reform

ガス工事

プロパンガスを開栓する方法

おすすめガス情報

「引っ越し先でプロパンガス(LPガス)を使用する」という方のために、開栓手続きの手順をご紹介しています。

  • プロパンガスの開栓には立ち会いが必要
  • 一部の物件では開栓時に保証金が必要なケースもある
  • 契約時に印鑑ほか必要なものがある(ガス会社に確認しましょう)

プロパンガス(LPガス)開栓の手順

プロパンガス(LPガス)を開栓するための手順は以下のとおりです。

  1. LPガス会社に連絡(少なくとも1週間前までには連絡)
  2. ガス機器を用意
  3. 開栓の立ち会い
  4. 契約の締結、注意事項の説明

1.LPガス会社に連絡

入居日が決まったら、LPガス会社に少なくとも1週間前までに開栓をお願いしましょう。

引っ越し先への入居日が決まったら、その日に合わせてプロパンガス(LPガス)の開栓をしてもらえるように、ガス会社へ開栓依頼の連絡をします。
直前の連絡だと希望日に開栓してもらうのが難しい場合があります。特に、引っ越しシーズン(3・4・9月)だとLPガス会社も忙しいため、入居日がわかったら早めに手配しましょう。

2.ガス機器を用意

開栓する際には、ガスコンロや給湯器が適切に使用できるかを確認します。そのため、開栓時に使用するガス機器がすべて用意されている必要があります。
あらかじめ設置している賃貸物件であれば、特に何かする必要はありませんが、設置されてなければ、ガス機器を開栓前にそろえておく必要があります。契約するLPガス会社からこれらのガス機器を購入することもできます。
また、ガス機器は都市ガスとLPガスで仕様が異なるので、同じものをそのまま使うことはできませんので、管理会社や大家さんに確認してガス種を間違えないようしましょう。

3.開栓立ち会い

水道や電気とは違い、ガスの開栓時には立ち会いが必要です。代理人の方でも問題ありません。
ガス会社の方が訪問して、開栓作業と安全点検が行われます。この作業はおよそ30分~1時間程度で完了します。

4.契約の締結、注意事項の説明

開栓作業が終わると、ガス会社の方からLPガス使用や料金支払いに関する説明を受けて、手続きは終了です。
ただし、一部の賃貸物件などにおいては、このときに1万円程度の保証金が必要になることもあります。
通常、保証金が必要な物件では開栓の前にプロパンガス(LPガス)会社から保証金がかかることについて説明があります。保証金はガス料金の未納がなければ解約時に返金されます。
解約時にトラブルなく返金をしてもらうために、保証金を支払う際には必ず預かり証を発行してもらいましょう。

どこのプロパンガス(LPガス)会社を選べばいいのか

どこのプロパンガス(LPガス)会社に開栓を依頼したらよいのでしょうか。

賃貸物件や集合住宅の場合

賃貸物件や集合住宅の場合、建物のオーナーが契約しているプロパンガス(LPガス)会社と契約・開栓依頼をすることになります。入居時にガス会社を大家さんや管理会社に確認して、そのガス会社に連絡しましょう。

戸建て持ち家の場合

戸建ての持ち家(新築・中古に限らず)に引っ越す場合、自由にプロパンガス(LPガス)会社を選ぶことができます。

1.LPガス会社に連絡

入居日が決まったら、LPガス会社に少なくとも1週間前までに開栓をお願いしましょう。

引っ越し先への入居日が決まったら、その日に合わせてプロパンガス(LPガス)の開栓をしてもらえるように、ガス会社へ開栓依頼の連絡をします。
直前の連絡だと希望日に開栓してもらうのが難しい場合があります。特に、引っ越しシーズン(3・4・9月)だとLPガス会社も忙しいため、入居日がわかったら早めに手配しましょう。

2.ガス機器を用意

開栓する際には、ガスコンロや給湯器が適切に使用できるかを確認します。そのため、開栓時に使用するガス機器がすべて用意されている必要があります。
あらかじめ設置している賃貸物件であれば、特に何かする必要はありませんが、設置されてなければ、ガス機器を開栓前にそろえておく必要があります。契約するLPガス会社からこれらのガス機器を購入することもできます。
また、ガス機器は都市ガスとLPガスで仕様が異なるので、同じものをそのまま使うことはできませんので、管理会社や大家さんに確認してガス種を間違えないようしましょう。

3.開栓立ち会い

水道や電気とは違い、ガスの開栓時には立ち会いが必要です。代理人の方でも問題ありません。
ガス会社の方が訪問して、開栓作業と安全点検が行われます。この作業はおよそ30分~1時間程度で完了します。

4.契約の締結、注意事項の説明

開栓作業が終わると、ガス会社の方からLPガス使用や料金支払いに関する説明を受けて、手続きは終了です。
ただし、一部の賃貸物件などにおいては、このときに1万円程度の保証金が必要になることもあります。
通常、保証金が必要な物件では開栓の前にプロパンガス(LPガス)会社から保証金がかかることについて説明があります。保証金はガス料金の未納がなければ解約時に返金されます。
解約時にトラブルなく返金をしてもらうために、保証金を支払う際には必ず預かり証を発行してもらいましょう。

お気軽にご相談ください