お知らせ
HOMEお知らせ

健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?

床材では、天然むく材のフローリング。また、低ホルムアルデヒドというF1レベルの合板があります。これは、JASの定める基準でF1~F3までの区別があり、最もホルムアルデヒドの含有量が少ないのがF1です。
畳では、備長炭入りのものもあります。
壁材では、しっくい壁、けいそう土などがあり、断熱性や調湿性に優れています。
また、壁紙ではEマーク、RALマーク、ISMマークなど安全規定を満たした壁紙につけられるマークがあり、このマークのついたものはホルムアルデヒドなどの化学物質が低レベルに規制されています。

2013.10.11

注目!ご相談窓口

  • 水のトラブルを解決します
  • お問い合せ/無料見積り
  • 企業向け

特集

株式会社みどりや 01204-0039-5
Copyright c Midoriya Co.,Ltd. All rights reseved.