太陽光発電
HOMEガス工事

プロパンガス供給の安全装置

従来のガスメーターでは、感震器が内蔵されており、震度5以上の地震の際にはガスを遮断するようになっています。また、『ガスの流量が急増』『長時間使用』『ガスが微量に流れ続ける』場合にもガスを遮断、警告表示するようになっています。
最新のガスメーター(S型メーター)では従来のガスメーター機能に加え、『ガスの圧力に異常がある』場合にもガスの遮断、警告表示するようになっています。
プロパンガスの供給における安全装置は、ガスメーターの他に、ガス器具の安全装置(立ち消え安全装置、不完全燃焼防止装置等)と以下のものがあります。
設備配置図
ガス栓の内部にボールが入っており、誤開栓や接続されたゴムホースからガス漏れした場合、ガスの流量と圧力変動により、そのボールが出口を塞ぎ、ガスを遮断します。この構造は、飲み物のラムネの瓶とよく似ています。
例)
ラムネ瓶本体=ヒューズ式ガス栓本体
ビー玉=ボール
ラムネの流出量=ガスの流量
ラムネの瓶の傾き加減=ガスの圧力
※古いガス栓は、交換を、未使用のガス栓は、取り外して蓋をするか出口に専用のゴムキャップをつけましょう。
ガスボンベが転倒した場合、ボンベとホースとの接続部分でガスを遮断します。
ガスメーターと配線で接続することにより、警報器が作動した場合、ガスメーターでガスを遮断します。
※殺虫剤等により、誤作動する場合がありますのでご注意ください。

LPガス高騰の理由

家庭用LPガスなど 値上げの公算
LPガス(プロパンガス)の輸入価格は原油価格に連動しています。近年、LPガス(プロパンガス)の輸入価格は大変高騰していました。これは、世界最大の産ガス国であるサウジアラビアからの輸入価格(CP=コントラクトプライス)が上昇したからです。
サウジアラビアの日本向け輸出価格はカタールやアラブ首長国連邦など他の中東諸国が輸出するLPガスの価格指標にもなります。日本は国内供給の7割程度のLPガスを輸入に頼っています。
サウジアラビア産の2012年11月積荷価格は、家庭用燃料につかうプロパンガスで1トン1050ドル(本船渡し)と前月比2%強あがりました。
給湯などに使うプロパンは冬場の需要期を前に在庫水準も低くなっています。
2012年10月~11月積みの日本向け輸出価格の上昇を受けLPガス卸会社は「今後も国内でLPガスの値上げをせざるをえない」と説明。

参考資料
まずは、悩む前にご相談ください。

ガス工事

注目!ご相談窓口

  • 水のトラブル 解決隊
  • お問い合せ/無料見積り
  • 企業向け

特集

株式会社みどりや 01204-0039-5
Copyright c Midoriya Co.,Ltd. All rights reseved.